T.S邸

  • 仙台市若林区沖野
  • 住宅(二世帯)
  • 木造 2階
  • 2015.8竣工

父母と長男夫婦(子供二人)が同居する住宅の在り方が多様である『二世帯住戸』。それぞれの家族が守り・育みながら同居することで多くのメリット生かした。北側斜線と北西側の斜線は、境界からの離れを一般住居並み(約0.9~1.0m)で解決を図った。その分、南側(道路面から)の空間やアプローチ空間は、開放的に大きく得られている。

 


 

戻る